バストアップをするために、女性ホルモンを増やそう

女性

基本理念

バストアップを目指す場合は、バストアップの基本理念を知ることが重要です。ただバストアップができる方法を実践していては、効果が実践できないどころか、間違った方法だと、体に悪影響を与えることもあります。
バストアップと大きな関係性があるのが、女性ホルモンです。
第二次成長期以降にバストが大きくなるのも、その時期には女性ホルモンの分泌が活発になるからです。成人してからも、女性ホルモンとバストの関係性は続きます。
妊娠したときには、バストが大きくなります。その理由は、妊娠すると女性ホルモンが活発になるからです。

女性ホルモンは、1つのホルモンと思っている人もいますが、実は2種類あります。卵胞ホルモンと黄体ホルモンです。
卵胞ホルモンは、エストロゲンと呼ばれていて、黄体ホルモンはプロゲストロンと呼ばれています。この2つは、乳管と乳腺の発育を促進する効果があります。
そのため、バストアップを目指すためにエクササイズやマッサージをただ行なうだけでは意味がありません。
女性ホルモンを活発にさせる行為が必要ということです。
今の時代は、ストレス社会と言われているので、ストレスを溜めずに生活するのは難しいです。しかし、そのストレスは、バストに大きな影響を及ぼします。
ストレスは、ホルモンバランスを崩す大きな原因の1つです。ストレスをなるべく溜めないようにするためには、規則正しい生活、バランスが取れた食生活、リラックスができる時間が必要なのです。

Copyright(c) 2014 バストアップをするために、女性ホルモンを増やそう. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com